• 散骨も埋葬方法の一つです

    • 葬儀の形態は様々になってきており、お墓を持たない人も多くなっています。

      菩提寺もない人も少なくありません。
      というのも、働き方や生活様式は一昔前と比べて様変わりしているからです。


      特に、お墓ということについては、春の彼岸、秋の彼岸、さらにはお盆、暮れとお参りするというのが、昔からの習わしでしたが、郷里が遠隔地だとなれば、気持ちはあっても事情で行けないというようなことも起きてしまいます。
      そうなると、自分が亡くなったときのことや家族がなくなったときのことまで考え、葬儀の際に永代に供養するという方へ気持ちが傾いていくのは自然の理というものです。



      こうしたことから、永代供養を引き受けてくださるお寺さんに葬儀以降のことまで含めてお願いするとか、特定の地域の中にある専門家による樹木葬というようなことが多くなってきているわけです。それと、個人の意思を尊重するというころから、多くの人が行うようになってきたのが散骨という方法です。

      goo ニュースの口コミや評判を紹介しています。

      一般的な散骨は、葬儀業者にお願いして海に粉々になったお骨を撒いていただくというになります。

      跡形もなくなってしまいますが、その儀式のときに手厚くお送りし、功徳を積んで、故人のご冥福をお祈りすれば、それもまた埋葬方法の一つと言えるものです。



      ただ、散骨の場合は、市区町村の条例とか様々な制限もあるので、自分勝手な解釈で行うことは避けるべきであり、担当区域の役所に相談することと、やはりそういうことにもたけている専門業者に依頼するのが一番です。

  • 予備知識

  • 意外な真実

  • みんなの常識・儀式の特徴

    • 散骨に関連した法律問題について

      従来のように、墓地のなかに墓標を建てて、そこに遺骨を埋めるという方法とは別に、最近では散骨とよばれる方法も、徐々にではありますが、市民権を得つつあるところです。しかし、こうした潮流とは異なり、法律の世界というのはなかなか一気に進歩するということがないため、散骨をしようとする場合、法律の規定にも十分に配慮する必要があるといえます。...

    • 海上における散骨について

      最近では既成の葬送の方法にはとらわれない、自然葬のような形態が、世間的にも認められるようになってきています。こうした葬送のあり方の一種として、散骨とよばれるものがあります。...